headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

定期借地権

定期借地権定期借地権とはあらかじめ定められた一定期間の経過によって契約が終了する、契約の更新がないタイプの借地権のことを言います。

通常の借地権の場合、契約の更新がされる可能性が高く、土地所有者にとっては、一度貸してしまうと、いつ返してもらえるかわからないという印象が強く、貸すこと自体を躊躇してしまうという側面もありました。

そこで一定期間の経過によって、契約の更新がされることなく、土地を返してもらえる定期借地権を創設することによって土地所有者にとっての貸すことに対する心理的障壁を引き下げ、土地利用の促進を図ったわけです。

 

一般の定期借地権

特に目的が制限されない一般的な定期借地権です。

存続期間 50年以上
契約の更新 なし(建物の築造による存続期間の延長もなし)
契約の方式 公正証書等の書面

 

事業用定期借地権

事業の用に供するために設定される定期借地権です。

なお、事業用であっても居住の用に供するもの(社宅等)は除かれます。

存続期間 10年以上50年未満
契約の更新 なし(建物の築造による存続期間の延長もなし)
契約の方式 必ず公正証書

 

建物譲渡特約付借地権

借地権を消滅させるため、設定後30年以上が経過した日に借地権の目的である土地の上の建物を借地権設定者に相当の対価で譲渡する旨を定める借地権です。

土地所有権と建物所有権が同一人に帰することにより、借地権が存在意義を失い、消滅することになるわけです。

存続期間 30年以上
契約の更新 なし
契約の方式 書面による必要なし

 

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ