headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

限定承認

限定承認限定承認とは相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務等を弁済すべきことを留保して、相続の承認をすることを言います。

たとえば相続によって得たプラスの財産の価値が3000万円でマイナスの財産の価値が4000万円であるという場合、相続人は、3000万円の範囲で債務等の弁済を行えばよく、4000万円-3000万円=1000万円の部分については弁済の責めを負わないことになるわけです。

 

共同相続人の限定承認

相続人が数人あるときは、限定承認は、共同相続人の全員が共同してのみこれをすることができるとされています。

相続人のうちの一部が単純承認をし、残りの者が限定承認するようなことを認めると法律関係が複雑になってしまうからです。

ただし、相続人のうちの一部の者が相続放棄をした後に、残りの者が全員で限定承認をすることは可能です。

相続放棄をした者ははじめから、相続人でなかったものとみなされるため、残りの者が全員で限定承認をすれば、「共同相続人の全員で」という限定承認の要件を満たすことになるからです。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ