headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

廃除

廃除廃除とは遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者)に、被相続人に対する虐待、もしくは重大な侮辱行為、又はその他の著しい非行があったときに被相続人が家庭裁判所に請求することによって、その相続人の相続権を失わせることを言います。

廃除の場合、相続欠格の場合とは異なり、一定の事由に該当すれば当然に相続人が相続権を失うわけではなく、相続権を失わせるためには、被相続人による家庭裁判所への請求が必要になる点に注意して下さい。

なお、被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができます。

被相続人と相続人の関係性が改善すれば、被相続人が再び、相続人に相続させたいと考えることも当然、ありうるからです。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ