headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

相続欠格

相続欠格相続欠格とは相続人に相続人として相応しくないような一定の事由が認められる場合に、法律上当然に相続権を失わせることを言います。

具体的な相続欠格事由としては以下のようなものがあります。

※宅建試験対策としては特に覚える必要はありません。

こういう人には相続させるべきでないな、という雰囲気だけ掴んで頂ければ結構です。

・故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡させ、又は死亡させようとしたために、刑に処せられた者

・被相続人の殺害されたことを知って、告発、又は告訴をしなかった者。(その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、除かれます。)

・詐欺又は強迫によって、
被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者、
または
被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

・相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ