headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

寄託

寄託寄託とは、当事者の一方(受寄者)が相手方のために物を保管することを内容とする契約です。

平たく言うと物を預かってもらう契約ということですね。

寄託契約は受寄者が物を受け取ることによって、はじめてその効力を生じます。(要物契約

 

受寄者の注意義務

無償の受寄者は自己の財産に対するのと同一の注意をもって、寄託物を保管する義務を負います。

これに対して有償の受寄者は善良の管理者の注意をもって、寄託物を保管する義務を負います。

 

寄託物の返還の時期

寄託物の返還の時期を定めたとき

寄託物の返還の時期を定めたときであっても、寄託者は、いつでもその返還を請求することができます。

受寄者の側は、やむを得ない事由がなければ、その期限前に返還をすることができません。

寄託物の返還の時期を定めなかったとき

寄託者がいつでもその返還を請求することができるのはもちろん、受寄者も、いつでもその返還をすることができます。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ