headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

請負

請負 請負とは当事者の一方(請負人)がある仕事を完成することを約束し、相手方(依頼者)がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約束するという契約のことを言います。

たとえば大工さんが建物を完成させることを約束し、依頼者がちゃんと建物を建ててくれたことに対して代金を払うことを約束するというような契約ですね。

 

請負の報酬の支払時期

請負の報酬は、仕事の目的物の引渡しと同時に、支払わなければならないとされています。

つまり、請負の報酬支払いと仕事の目的物の引渡しは同時履行であるということです。

このことから仕事の目的物の引渡しの前段階として必要な「仕事の目的物の完成」は請負の報酬支払いに対して先履行であることになります。

 

請負人の担保責任

仕事の目的物に瑕疵があるときは、注文者は、請負人に対し、相当の期間を定めて、その瑕疵の修補を請求することができます。

仕事の目的物に瑕疵があるのであれば、請負人が補修するのは当然のことだからです。

ただし、瑕疵が重要でない場合において、その修補に過分の費用を要するときは、瑕疵の修補を請求することはできません。

そのような場合にまで瑕疵の修補請求を認めることは、請負人にあまりに大きな負担を強いることになるからです。

また、注文者は、瑕疵の修補に代えて、あるいはその修補とともに、損害賠償の請求をすることができます。

つまり、注文者は
・瑕疵修補だけ
・損害賠償だけ、あるいは
・瑕疵修補+損害賠償
のいずれかを選択して注文者に請求することができるということです。

なお、仕事の目的物に瑕疵があるために契約をした目的を達することができないときは、注文者は、契約の解除をすることができます。

このような場合に、注文者を契約に縛り付けるのは酷な話だからです。

ただし、建物その他の土地の工作物については、仕事の目的物に瑕疵があるために契約をした目的を達することができないときであっても契約を解除することができません

 

請負人が担保責任を負わない場合

仕事の目的物の瑕疵が注文者の供した材料の性質又は注文者の与えた指図によって生じたときは、請負人は担保責任を負いません。

このような場合にまで請負人に担保責任を負わせるのは不公平だからです。

ただし、請負人がその材料又は指図が不適当であることを知りながら注文者に告げなかったときは、請負人が担保責任を負うことになります。

 

請負人の担保責任の追及期間

瑕疵の修補又は損害賠償の請求及び契約の解除は、仕事の目的物を引き渡した時から(引渡しを要しない場合には、仕事が終了した時から)1年以内にしなければなりません。

ただし、建物その他の土地の工作物については、その工作物又は地盤の瑕疵について、引渡しから5年間、担保責任を負うことになります。

建物その他の土地の工作物の担保責任の負担期間が1年では短すぎるからです。

さらに、石造、土造、れんが造、コンクリート造、金属造等の強固な構造の工作物については、担保責任の期間が10年に延長されます。(ただし、工作物が瑕疵によって滅失し、又は損傷したときは、損失が顕在化している以上、注文者は、その滅失又は損傷の時から1年以内に、担保責任の追及をしなければなりません。)

 

担保責任を負わない旨の特約

請負人は担保責任を負わないとする旨の特約も有効です。

ただし、そのような特約がある場合であっても、請負人が知りながら、あえて告げなかった瑕疵については、その責任を免れることができません。

瑕疵の存在を知りながら、告げないなどという不誠実なことがあれば、いくら特約があったとしても免責されるべきではないからです。

 

注文者による契約の解除

請負人が仕事を完成しない間は、注文者は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができます。

注文者が仕事の完成を望まなくなった以上、請負人に対する損害を賠償するなら、契約の解除を認めて差し支えないからです。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ