headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

消費貸借

消費貸借消費貸借とは、借主が種類、品質及び数量の同じ物を返還することを約束して貸主から金銭その他の物を借りるという契約です。

消費貸借の最大の特徴は、受け取った物をそのまま返還するのではなく、受け取った物は消費してしまって(使ってしまって)、それとは「別の」種類、品質及び数量の同じ物を返還するのだという点です。

(賃貸借契約や使用貸借契約では、受け取った物自体を返還することになります。)

たとえば金銭消費貸借契約に基づいて100万円を借りた人は、借りた100万円をそのまま返すのではなく、その100万円は使ってしまって、後日、返済のために用意した別の100万円を返すことになるわけです。

なお、消費貸借契約は当事者間の合意だけでは効力を生じず、借主が貸主から金銭その他の物を受け取ることによって、はじめて効力を生じます

このように当事者間の合意だけでなく物の引渡しがあってはじめて効力を生ずる契約のことを要物契約と言います。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ