headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

買戻し特約

買戻し特約買戻し特約とは、不動産の売買契約において、売主が代金及び契約の費用を買主に返還して、不動産を買戻すことができる(売買の解除をすることができる)旨を定めた特約のことを言います。

買戻し特約は必ず売買契約と同時に行わなければならないものとされています。

 

買戻しの期間

買戻しの期間は、10年を超えることができず、これより長い期間を定めたときは、10年となります。

あまり長い買戻し期間を設定することを認めると、買主の地位がいつまでも不安定なままになってしまうからです。

また、同様の趣旨から買戻しについて期間を定めたときは、その後にこれを伸長することは、できないとされています。

なお、特に期間を定めなかったときは、買戻し期間は5年以内となります。

 

買戻しの特約の第三者対抗要件

買戻しの特約の第三者対抗要件は登記です。

なお、この登記は売買契約と同時に行わなければならないものとされています。

(所有権の移転登記等の付記登記として行われます。)

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ