headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

売主の担保責任

売主の担保責任売主の担保責任とは、売買契約の目的物に何らかの問題があった場合に、売主が買主に対して負うことになる責任のことを言います。

売主の担保責任には以下のようなものがあります。

 

 

瑕疵担保責任

売買の目的物に隠れた瑕疵(キズや問題点のこと)があった場合に、売主が買主に対して負うことになる責任のことです。

なお、瑕疵担保責任の詳細についてはこちらをご覧ください。

瑕疵担保責任

 

他人物売買の売主の担保責任

他人物売買契約において、売主がその権利を買主に移転することができない場合に買主に対して負うことになる責任のことです。

なお、他人物売買の売主の担保責任の詳細についてはこちらをご覧ください。

他人物売買

 

数量指示売買における売主の担保責任

数量指示売買において数量に不足がある場合に売主が買主に対して負うことになる責任のことです。

なお、数量指示売買における売主の担保責任の詳細についてはこちらをご覧ください。

数量指示売買

 

地上権等がある場合の売主の担保責任

売買の目的物が地上権、永小作権、地役権、留置権又は質権の目的である場合、または、売買の目的である不動産のために存すると称した地役権が存しなかった場合及びその不動産について登記をした賃貸借があった場合、その事実について善意の買主は、契約の解除(そのために契約をした目的を達することができない場合に限られます。)および損害賠償請求をすることができます。

悪意の買主については売主の担保責任の追及は認められていません

権利の存在・あるいは不存在を知りつつ、購入している以上、その事実を理由とする売主に対する責任追及など認める必要もないからです。

なお、この場合の契約の解除又は損害賠償の請求は、買主が事実を知った時から一年以内にしなければならないとされています。

 

抵当権等が実行された場合の売主の担保責任

売買の目的である不動産について存した先取特権又は抵当権の行使により買主がその所有権を失ったときは、買主は、契約の解除および損害賠償請求をすることができます。

この場合、買主が担保権の存在について、たとえ悪意であったとしても契約の解除および損害賠償請求をすることができます

買主が担保権の存在を知っていたとしても、売主が責任を持って弁済し、担保権を消滅させてくれるものと信用するのが普通だからです。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ