headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

数量指示売買

数量指示売買数量指示売買とは契約の目的物の単価数量から価格が決定される売買契約のことを言います。

たとえば「100グラム300円の肉を500グラムちょうだい。」というような売買契約のことですね。

 

 

数量指示売買における売主の担保責任

数量指示売買において数量に不足がある場合、数量不足について善意の買主は売主の担保責任を追及するために代金減額請求契約の解除(数量不足がわかっていれば買主がこれを買い受けなかったときに限られます。)・損害賠償請求を行うことができます。

数量不足について悪意の買主は、売主の担保責任を追及することはできません

そもそも数量不足について知っていたのにもかかわらず、売買契約を締結したのであれば契約の解除や損害賠償請求を認める必要はありませんし、売買価格も不足している数量に基づいて決められているはずなので代金減額請求を認める必要もないからです。

なお、数量指示売買における売主の担保責任の追及は買主が事実を知った時から一年以内に行わなければならないとされています。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ