headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

連帯保証

連帯保証連帯保証とは、一般的な保証に認められる催告の抗弁権や検索の抗弁権のない保証のことを言います。

催告の抗弁権がないということは、債権者からの主たる債務者をすっとばした、いきなりの催告にも素直に応じるしかありませんし、検索の抗弁権がないということは、いきなりの強制執行を受けても、ただただ、受け入れるしかないということになります。

つまり、連帯保証は、債権者に対して、主たる債務者とほぼ同じような責任を負うことになる、非常に負担の大きい保証の形ということですね。

また、連帯保証については一般的な保証に認められる分別の利益も認められていません

つまり連帯保証の場合には、保証人が複数人いても、それぞれが債務全額の履行をなす義務を負うことになるということです。

 

連帯保証の絶対効事由

主たる債務者について生じた事由の効力は原則として保証人に対しても、その効力を生じます。(絶対効)

保証債務には付従性があるからです。

これに対して連帯保証人について生じた事由の効力は原則として主たる債務者に対しては、その効力を生じません。(相対効)

ただし、以下の事由については、連帯保証人について生じれば、その効力が主たる債務者に対しても生じることとされています。(絶対効)

・履行
・履行の請求
・更改
・相殺
・混同

なお、連帯債務では絶対効事由とされていた免除や消滅時効の完成が、この場合には絶対効事由とされていない点に注意して下さい。

連帯債務者については負担部分があるので、免除や消滅時効の完成があった場合、その負担部分の限りにおいて他の連帯債務者にも効力が生じていましたが、連帯保証人については、そもそも負担部分がないので、免除や消滅時効の完成があっても主たる債務者に対しては何らの効力も生じないことになるわけです。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ