headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

一括競売

土地と建物抵当権の設定後に抵当地に建物が築造されたときは、抵当権者は、土地とともにその建物を競売することができるものとされています。

このことを一括競売と言います。

抵当権の設定後に抵当地に建物が築造された場合、抵当権設定時に土地の上に建物が存在しなかった以上、法定地上権が成立することはありません。

しかし、だからといって抵当権実行時に建物を取り壊さなければならないこととするのは、建物所有者にとって酷な話ですし、社会的にも不経済です。

そこで抵当権者に土地と建物を一括して競売することを認め、建物を取り壊さなければならないような事態を避けようとしたわけです。

ただし、この場合でも抵当権者の優先弁済権は、土地の代価についてのみ行使することができるものとされています。

抵当権者が権利の目的を果たすには、それで充分なはずだからです。

建物についての競売代金は、当然のことながら建物の所有者に引き渡されることになります。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ