headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

法定地上権

法定地上権法定地上権とは
土地及びその上に存する建物が同一の所有者に属する場合において、
その土地又は建物もしくは双方につき抵当権が設定され
その実行により所有者を異にするに至ったときに、
その建物のために成立する地上権のことを言います。

抵当権が実行された結果、土地と建物の所有者が異なることとなった場合、建物の所有者が、その土地の上に建物を保有し続けるためには、何らかの土地に対する利用権を持っている必要があります。

ところが抵当権が実行されるまでは、土地と建物は同一の所有者に属していたわけですから、抵当権に対抗できるような土地の利用権が存在するわけもありません。(民法では自己借地権は認められていません。)

そこで建物の所有者が抵当権実行後もその土地の上に建物を所有し続けることができるように、一定の条件の下に法定地上権を成立させることにしたわけです。

・法定地上権が成立するためには抵当権設定時点で土地の上に建物が存在していることが必要です。

更地状態の土地に抵当権が設定された後に建物が建築された場合、抵当権が実行されても法定地上権が成立することはありません。

これは更地の状態で土地の担保価値を考えた抵当権者に不測の損害を与えないためです。(土地は更地の状態が経済価値が最も高くなります。)

・抵当権設定時点で土地と建物の所有者が異なる場合、法定地上権は成立しません

土地と建物の所有者が異なる場合、抵当権に優先する何らかの土地利用権が設定されているはずであり、法定地上権の成立を認めずとも、建物を存続させることができるからです。

・法定地上権が成立した場合の、地代は、当事者の請求により、裁判所が定めます。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ