headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

消滅時効

消滅時効とは権利を行使することなく、一定期間が経過することによって、その権利が消滅することを言います。

 

債権の消滅時効期間

考える女性一般の債権は、10年間行使しないときは、消滅します。

ただし、定期給付債権等、一定の債権については10年より短い期間で消滅時効にかかります。(短期消滅時効)

なお、10年より短い期間で消滅時効にかかる債権も確定判決等によって、その存在が認められれば、以降は時効期間が10年となります。

裁判までして認められた債権が、再び、短期間で消滅時効にかかってしまうのは望ましくないからです。

 

債権又は所有権以外の財産権の消滅時効期間

債権又は所有権以外の財産権は、20年間行使しないときは、消滅します。

なお、所有権は消滅時効にかかりません。

他人に取得時効によって所有権を取得された結果、反射的効果として所有権を失うことはありますが、それは所有権が消滅時効にかかるのとはあくまで別のことです。

 

消滅時効の期間の起算点

消滅時効の期間は、権利を行使することができる時から進行します。

消滅時効はそもそも権利を行使できる状態にあるにもかかわらず、いつまでも権利を行使しない場合に、その権利を消滅させる制度であり、権利を行使できない間に消滅時効が進行してしまっては、制度の趣旨に反することになるからです。

なお権利を行使することができる時とは
期限の定めのある債権(確定期限付債権・不確定期限付債権共に)については期限が到来した時
期限の定めのない債権については債権が成立した時
をそれぞれ意味します。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ