headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

時効

女性宅建講師時効とは一定期間、事実状態が継続する場合にその事実状態に合わせて権利を取得したり、失ったりすることを言います。

たとえば、本来は、無権利者であるけれど権利があるかのような事実状態が継続すれば権利を取得することになったり、本来は、権利者であるけれど権利がないかのような事実状態が継続すれば権利を失うことになったりするということです。

それぞれ、権利を取得することになる場合を取得時効、権利を失うことになる場合を消滅時効と言います。

※取得時効の詳細は「取得時効」のページを、消滅時効の詳細は「消滅時効」のページをそれぞれご覧下さい。

 

時効の効力発生時期

時効の効力は、その起算日にさかのぼるとされています。

たとえば、善意・無過失で、所有の意思をもって、他人の物を10年間、占有した者は(他に一定の要件あり)、その物の所有権を取得することができますが、この場合、この者は、占有を継続した10年間の最初の時点から、所有者であったことになるわけです。

 

時効の援用

時効の援用とは時効によって利益を受ける者が、時効を主張することを言います。

時効は、当事者が援用しなければ、裁判所はこれによって裁判をすることができないとされています。

時効は、本来、持っていないはずの権利を取得したり(取得時効)、本来、負っているはずの債務を免れたり(消滅時効)と、ある意味、不道徳な側面がありますので、主張するかどうかを、時効によって利益を受けることになる者の意思に委ねたわけです。

 

時効の利益の放棄

時効の利益は、時効完成前にあらかじめ放棄することができません。

これは時効によって不利益を被ることになる者が、時効によって利益を受けることになる者に、あらかじめ時効の利益を放棄することを強要することを避けるための規定です。

 

時効の中断事由

時効が完成するために必要な期間の進行は以下に掲げるような事由があると中断し、期間の進行はふりだしに戻ります。

1.  請求
2.  差押え、仮差押え又は仮処分
3.  承認

たとえば時効期間が8年、経過した時点で(一般の債権は10年間、行使しないことによって消滅時効にかかります。)、債権者がその債権に基づいて債務者の財産に差押えを行ったら、それまでの期間の進行はなかったことになるということです。

なお、時効期間は、中断事由が終了した時から新たに、進行を始めます。

つまり、一般の債権の場合、あらためて何事もなく10年の期間が経過すれば、消滅時効にかかるということです。

※請求について

請求には裁判上の請求と裁判外の請求たる催告があります。

このうち裁判外の請求たる催告については、それ単体では、確定的に時効は中断せず、催告の時から6ヶ月以内に、裁判上の請求等のより強力な法的手段をとることによって、はじめて確定的に時効が中断するものとされています。

なお、裁判上の請求であっても、訴えの却下又は取下げがあった場合には、時効の中断の効力を生じません。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ