headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

期限

期限とは法律行為の効力の発生を将来の到来「確実」な事実にかからしむることを言います。

たとえば「本年の7月20日になったらこの不動産をお売りします。」などといった場合の「本年の7月20日」が期限ということになります。

なお、よく似たものに停止条件と言うのがありますが、停止条件は法律行為の効力の発生を将来の到来「不確実」な事実にかからしむることを言います。

 

期限の種類

お葬式期限には以下の2種類があります。

確定期限

期限のうち、到来時期が明確なもの。

例 「本年の7月20日になったらこの不動産をお売りします。」といった場合の「本年の7月20日」

不確定期限

期限のうち、到来時期が不明確なもの。

例 「うちのおじいちゃんが亡くなったら、この家をお売りします。」といった場合の「うちのおじいちゃんが亡くなったら」

(人間の死は必ず、到来するものですが、到来時期が不明確なので不確定期限ということになります。)

 

期限の利益とその放棄

期限は、債務者の利益のために定めたものと推定されます。

期限が定められているということは、債務者は期限までは契約の内容に従った債務の履行をする必要がないということになるからです。

なお、債務者は期限の利益を、放棄することができます。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ