headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

公序良俗違反

宅建講師公序良俗違反とは公の秩序又は善良の風俗に反することを言います。

公序良俗違反の法律行為は、無効とされています。

(宅建の試験対策としてはこのことさえ、覚えておけば充分です。)

そのような法律行為の成立に法が助力すべきではないからです。

 

公序良俗違反の法律行為の例

・愛人契約(愛人になってくれた毎月、お金を支払うという契約)

・殺人契約(あの人を殺してくれたお金を支払うというような契約)

ここで取り上げた例のように、社会規範に照らして考えて問題がある契約は、全て公序良俗違反の法律行為になると考えて頂いて結構です。

 

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ