headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

供託所等に関する説明

宅地建物取引業者は、宅地建物取引業者の相手方等に対して、当該売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に

  • 当該宅地建物取引業者が宅地建物取引業保証協会の社員でないときは営業保証金を供託した主たる事務所の最寄りの供託所及びその所在地について
  • 当該宅地建物取引業者が宅地建物取引業保証協会の社員であるときは、社員である旨、宅地建物取引業保証協会の名称、住所及び事務所の所在地並びに弁済業務保証金の供託所及びその所在地について、

説明をするようにしなければならない。

 

供託所等に関する説明についての注意点

供託所等に関する説明は重要事項説明の対象ではないことに注意して下さい。

(供託所等に関する説明については宅建業法35条ではなく、35条の2に定められています。)

実務上は、供託所等に関する説明を重要事項説明書に記載することが多いですが、これは両説明の時期が同じあるため(共に契約成立前に説明する必要があります。)、便宜上、このような取扱いをしているに過ぎないということです。

 

 

 「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ