headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

誇大広告等の禁止

誇大広告等の禁止宅地建物取引業者は、その業務に関して広告をするときは、当該広告に係る
・宅地又は建物の所在規模形質若しくは
・現在若しくは将来の利用の制限環境若しくは交通その他の利便又は
代金、借賃等の対価の額若しくはその支払方法若しくは
・代金若しくは交換差金に関する金銭の貸借のあっせん
について、

著しく事実に相違する表示をし、又は
実際のものよりも著しく優良であり、若しくは有利であると人を誤認させるような表示
をしてはならないとされています。

なお、より詳細な広告表現についての規制は不当景品類及び不当表示防止法においてなされています。

 

誇大広告等がなされた場合の監督処分

免許権者は当該宅地建物取引業者に対し、1年以内の期間を定めて、その業務の全部又は一部の停止を命ずることができます。

 

誇大広告等がなされた場合の罰則

当該宅地建物取引業者を6月以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することができます。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ