headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

営業保証金の保管替え

営業保証金の保管替え宅地建物取引業者は、その主たる事務所を移転したためその最寄りの供託所が変更した場合において、金銭のみをもって営業保証金を供託しているときは、遅滞なく、費用を予納して、営業保証金を供託している供託所に対し、移転後の主たる事務所の最寄りの供託所への営業保証金の保管替えを請求しなければなりません。

金銭のみをもって営業保証金を供託しているときは、「銀行口座間で残高を移動する」ような簡易な手続きが認められるということです。

 

保管替えができず、二重供託による場合

これに対し、有価証券を含む形で営業保証金を供託しているときは、遅滞なく、営業保証金を移転後の主たる事務所の最寄りの供託所に新たに供託しなければなりません。

つまり、いったん二重供託の状態を作り、その後、移転前の主たる事務所の最寄りの供託所から営業保証金を取り戻すことによって二重供託状態を解消するということです。

宅地建物取引業に関する取引により宅建業者に対し債権を有する者を確実に保護するために、一瞬たりとも、営業保証金が供託されていない状態にならないように、このような取扱いが定められているわけです。

なお、 二重供託する場合の営業保証金も有価証券で供託することができます。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ