headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建は使える資格か

いいねという女性よく宅建資格について使えるとか、使えないとかいったことが議論されていますが、私自身は使える資格だと思っています。

前にも書いたことがあると思いますが、宅建は難易度の割に得られるメリットが非常に魅力的な資格だからです。

たとえば宅建資格を取れば
・就職転職にもかなり有利に働きますし
・独立開業も非常にしやすくなります。

これらのメリットは宅建よりもっと難しい法律系の国家資格でも、必ずしも得られるものではなく、そういった事情を考えるても充分、使える資格と言っていいのではないでしょうか。

宅建は使えないと言っている人達は、そう主張する根拠として
「宅建資格が有効活用できる仕事は限られているから。」とか
「宅建資格があるからといって絶対に就職や転職ができるわけではないから。」といったことを挙げています。

これらの主張は一見、もっともらしい気もしますが、よくよく考えてみれば、別に宅建資格に限ったことではなく、あらゆる資格に当てはまることですよね。

たとえば、法律系国家資格の最難関とされる司法試験でさえ
・有効活用できる仕事は限られていますし
・司法試験に合格したからと言って絶対に就職や転職ができるわけではないわけです。
(現に司法試験合格者の弁護士事務所への就職難はテレビのニュースでも取り上げられるほど深刻になっています。)

つまり、こういった根拠で、宅建資格が使えない資格であると断じることは無理があるということです。

使えない資格などと言われてしまうと、勉強すること自体ためらってしまいそうですが、私が色んな情報をもとに判断する限り、現状、宅建が使える資格であることは間違いありませんので安心して勉強して頂きたいと思います。

なお、一つだけ付言しておくと私も宅建資格をとれば、それだけで色んな意味で道が開けるとは思っていません。

就職・転職をするにしても、独立開業を目指すにしても、宅建資格さえあればうまくいくというものではなく、それ以外の部分の努力があって、はじめてうまくいく可能性が高まってくるのだということです。

そういう意味では
「宅建資格は、うまくいくための重要な要素の一つに過ぎない。」
という認識を持つ必要はあると思います。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ