headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建に合格するには勉強方法が最も重要

1.勉強方法で失敗すると宅建に合格できないこともありえる!

宅建講師私の過去の指導経験から言って、宅建試験に合格することを目指す上で最も重要なのは勉強方法です。

勉強方法を間違ってしまうと、短期合格はおろか、どれほど頑張っても合格すること自体が不可能になってしまう可能性があるからです。

たとえば少しでも急いで大阪から東京に行こうとする際に、実際に早く東京に着くことができるかどうかは「急ぐ」ということ以上に「どの方法を選ぶか」ということが重要な意味を持ちますよね。

「急ぐ」ということ以上に「在来線ではなく新幹線を選ぶ」ということが重要なのです。

勉強方法についてもこれと同じようなことが言えます。

早く合格したいなら、まずは早く合格できる勉強方法を選ばなければなりません。

あなたの周囲にもそれなりに勉強しているし、決して頭が悪いようにも見えないのに何年も連続で宅建試験に不合格になっている人が1人や2人は居ることと思います。

そういう人はほぼ例外なく勉強方法を間違ってしまっているがためにそのようなことになってしまっているのです。

そんなことにならないためにもまずは勉強方法の重要性を認識し、勉強方法自体をしっかりと学んで頂きたいと思います。

 

2.宅建試験における勉強方法の重要性がわかる実例

私がいくら勉強方法が重要だと言っても、勉強に関することでの成功体験のない方が、そのことを本当の意味で理解するのは難しいことでしょう。

そこでここでは勉強方法の重要性が非常によくわかる実例をご紹介したいと思います。

私が過去に指導した宅建の受験生の中にTさんという方がいらっしゃいました。

私が初めてお会いした時、Tさんは既に7回も宅建試験を受けたことのあるベテランの受験生でした。

それまでも毎年のように大手の資格スクールの宅建講座に通い、真面目に勉強されていたのですが、思うような結果が得られなかったそうです。

そこで、それこそ今年ダメなら宅建試験のことはすっぱり諦めるというようなつもりで私が講師を務める講座に参加されたわけです。

私の講座に参加した、Tさんは宅建試験では勉強方法が重要であるということを学ばれます。

そしてご自身の勉強方法を大幅に修正した結果、その年晴れて宅建試験に合格されたわけです。

Tさんの場合、お話をしていても決して頭の回転が悪い方ではなく、勉強方法さえ修正すれば問題なく合格できるだろうと私も考えていましたので、ここまでは読み通りでした。

ところがこの後、Tさんは私の予想を遥かに上回るようなことをやってのけます。

なんと、宅建試験の勉強を通じて学んだ勉強方法を利用して翌年の行政書士試験に合格してしまったのです。

行政書士試験の難易度は宅建試験の難易度の3倍から5倍程度です。

そんな試験に宅建試験に合格するまでに8年もかかった人が一発で合格してしまうなんて長年の指導経験の中で勉強方法の重要性を十分に知っているつもりでいた私でさえ全く予想することができませんでした。

「宅建試験に合格するのに何年もかかるような人でも勉強方法を正すことができれば何倍も難しい行政書士試験に一発合格することができる!」

私は期せずして、教え子から勉強方法の重要性というものを改めて教えられたわけです。

そして、我々はTさんの快挙が教えてくれる、隠れたもう1つの重要な事実を決して見逃してはいけません。

それは
「行政書士試験に一発合格することができるような人でも、勉強方法を間違えれば宅建試験に合格するのに何年もかかるようなことになりかねない。」
ということです。

これは宅建試験に短期合格を目指す人にとって本当に重要な事実です。

しっかりと肝に銘じて下さい。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ