headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建合格者のある共通項

ハッと気づく男性私は、自分が講師として効率的な学習指導を行うために昔からやっていることがあります。

宅建試験の受験生にお会いしたら必ず、試験当日までに行った具体的な学習行動について細かにお聞きするのです。

具体的な学習行動を知りたければアンケートでもとれば良さそうな気がしますが、「その方の合否を決定づけたような本当に重要な部分」はやはり、踏み込んで質問をしなければわからない。

だから、あえて労を惜しまず、個別にお聞きすることを選んでいるわけです。

 

で、合格している人には、絶対的と言ってもいいほど共通する「ある一つの特徴」があります。

なんだと思いますか?

それはズバリ「あまり時間をかけず、自分の学習行動を答えられる。」ということです。

具体的に「まず、こんな勉強をやって、次にこんな勉強をやって・・・・」ということをスルッと答えられるんです。

つまり、自分がやってきたことをちゃんと把握しているわけですね。

これに対して不合格になっている人達というのは、同じ質問をしても大体、しどろもどろになってしまいます。

中には、何も答えられなくなってしまう方も、いらっしゃいます。

つまり、自分がやってきたことを全然、把握できていないことが多いんです。

 

では、この差はどうやって生まれているのでしょうか。

これはもう明確に一つ一つの行動に対する「目的意識の差」でしょうね。

合格している人達は自分の学習行動について、なんとなくやっているわけじゃない。

たとえば、テキストを読むとか、過去問を解くといった学習行動を宅建試験に合格するために必要なステップとして明確な目的意識を持って取り組んでいるんです。

だからこそ、自分のとった学習行動をいつまでも覚えていられるので、私の質問にもスルッと答えられるわけです。

これに対して不合格になっている人達は特に目的意識を持って、学習行動を行っていないので、自分が何をやっていたかを尋ねられても答えることができなくなってしまう。

それはそうですよね。

なんとなく、やっていたことなんて誰だっていつまでもは覚えていられませんから。

 

そしてここで大事なのは言うまでもなく、学習行動をいつまでも覚えていられるかどうかではありません。

その学習行動に対する目的意識の差が合否を分けちゃっているという点ですね。

今、ここで脳科学的な話をするつもりはありません。

しかし、結果として「目的意識の差」が合否を分けてしまっている以上、あなたが合格を強く望んでいるのならやるべきことは明白です。

明確な目的意識を持って一つ一つの学習行動を行うようにしましょう。

 

追伸

明確な目的意識を持って一つ一つの学習行動を行うためには、その前提として自分が目指すべきゴールを明らかにしておかなければなりません。

自分が目指すべきゴールがよく分からないという方は是非こちらの無料レポートを読んでみて下さい。

「たった32ページ!これだけ宅建試験短期合格マニュアル」

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ