headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建独学のメリット・デメリット

勉強中宅建試験の合格を目指すにあたって独学にするべきか、講座を利用すべきか迷われる方は多いことでしょう。

そこで今回はその判断をするために一つの材料として、主な独学のメリット、デメリットについて簡単にまとめておきたいと思います。

当たり前の内容ではありますが、迷われている方は、頭を整理する意味でも、是非、ご一読下さい。

独学のメリット

1.費用がほとんどかからない。

独学で勉強をする場合、必要なのはテキストと過去問を購入する費用ぐらいで、一般的な宅建講座を利用する場合の数十分の一の費用負担ですみます。

なお、時々、テキストや過去問まで友人からもらい受けた中古品で済まそうとする人がいますが、法改正などもありますので、さすがにそれはお勧めしません。

2.自分のペースで勉強できる。

宅建独学の最大のメリットは何といってもこの「自分のペースで勉強できる。」ことでしょう。

独学であれば仕事等が忙しい時期には学習の速度を下げ、暇な時期には学習の速度を上げるということが自由にできるわけですから。

また、自分にとってわかりやすいところは、さっと流し、わからないところ、苦手なところはしっかりと時間をかけるという意味でのペースの調整も自由にできますよね。

独学のデメリット

1.挫折しやすい。

独学で勉強している場合、基本的に勉強をしなければならないというプレッシャーが周囲からかかるわけではありませんし、お金も大して使っていないわけですから、必然的に挫折はしやすくなりますよね。

そういう意味ではよほど意志が強くて自己管理がしっかりできる、勉強慣れした人でないと独学で合格を目指すのは難しいのではないでしょうか。

2.質問することができない。

宅建試験の勉強をしていると学習内容でわからないところというのは絶対に出てきます。

また、勉強のやり方のレベルのことで迷うということも高い確率であると思います。

独学の場合、そういった時にも質問したり、相談したりする相手がいないわけですから、時間をかけてでも自分で解決するしかないわけです。

以上が主な独学のメリット・デメリットになります。

細かく見ていけばもっと、色々と挙げることもできると思いますが結局、このへんあたりのことに集約されることになるでしょう。

宅建独学のメリット・デメリットを踏まえて言えること

以上のことを踏まえて考えると独学を選んだ方が良いのは、やはり「受験エリート」ということになると思います。

「受験エリート」の場合、挫折しやすいとか、質問することができないといったデメリットが勉強を続ける上での障害となることがほとんどありませんし、何よりも自分のペースで勉強できるというメリットを最大限活用することができますからね。

実際一定以上のレベルの大学の学生や卒業生については、宅建の勉強をするのに講座を利用するという人はまず、いないようで、独学を選択しても(いや、むしろ独学を選択しているからこそ)ほとんどの場合、短期間の学習で一発合格を果たしています。

逆に良いか悪いかは別にしてこれまで勉強とは縁遠い人生を送ってきた人にとっては、独学で宅建試験の合格を目指すのは非常に大変なことだと思います。

もちろん、独学でも合格することが不可能とはいいませんが、無駄に苦労をしたくないなら、講座等の利用を検討してみることをお勧めします。

お金はかかりますが、その何倍もの価値がある時間と労力を節約できることになるはずです。

まとめ

・独学のメリットは
1.費用がほとんどかからない。
2.自分のペースで勉強できる。

・独学のデメリット
1.挫折しやすい。
2.質問することができない。

・受験エリートは独学を選ぶべき、そうでない人は独学を避けるべき。

 

たった32ページ!これだけ宅建試験短期合格マニュアル

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ