headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

心が折れそうな方、お読みください。

こんにちは、松村です。

本日は当メルマガの読者の方から頂いた
ご質問と松村からの回答をご紹介したい
と思います。

ご質問の内容

「勉強を開始したのが遅かったため
ようやくテキストを1回読みとおす
ことができたところです。

内容は半分も理解できていない感じ
です。

こんな感じでは合格するなんて
とてもじゃないけど無理ですよね。

今年はあきらめた方がいいのでしょうか。」

松村からの回答

「私ならあきらめません。

本試験までまだ50日以上ありますよね。

これだけの期間があれば、まだ十分に
合格することが可能だからです。

もちろん、正しい方法にのっとって
必死になって努力する必要はありますが。

Mさんは「必死になって頑張ったのに合格
できない」という結果を恐れすぎて
いませんか?

確かに
「頑張ったのに合格できない」という
のは非常に辛いことです。

でもね、頑張らずに手に入るものなんて
しょせん「大したもの」じゃないんです
よ。

「大したもの」を手に入れたいなら
頑張るしかないんです。

考えてもみて下さい。

ラスト50日間、必死になって勉強して
不合格になったところで何か失うものが
ありますか?

ないですよね。

それどころか来年の試験に向けて
「いい準備ができたな。」っていう
ぐらいの話です。

逆に無事、合格できたとしたら、Mさんが
今後生きていく上での、ものすごい
自信になると思いません?

「ラスト50日で逆転合格」

かっこいいじゃないですか。

今後の人生、どんなことだって
できそうな気がしてきますよね。

「勝てば手に入るものは大きく
負けても失うものは何もない。」

こんな都合のいい勝負に挑戦しない
なんて「もったいない」ですよ。

決してあきらめることなく、最後まで
戦い抜くことを強く、強く、おすすめ
します。」

本日のお話はおわかりいただけ
ましたか?

わかったという方はこちらを
クリック!

http://takken-get.net/3up/

(メールの内容をご理解頂けた
かを確認するためのものです。

ご協力よろしくお願い致します。)

それでは引き続き、勉強、頑張って
下さい。

以上、よろしくお願い申し上げます。

ご意見・ご質問・ご相談はこちらからどうぞ。

http://takken-get.net/sitsumon/

決して一人で悩んだり苦しんだりしないで
下さい。

ほんのちょっと、相談してみるだけで
すごく簡単に問題解決できてしまうこと
もありますので。

 

「宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」

 

 

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ