headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

学習内容を覚えるために重要なこと

こんにちは、松村です。

本日は、学習内容を覚えるために
重要なことを2つお話ししたいと
思います。

当たり前のことですが、宅建試験に
合格するためには、学習したことを
正確に覚える必要があります。

曖昧な知識ばかりがいくら増えても
本試験で得点する役には立たない
からです。

そういう意味では本日、お話しする
ことは直接的に宅建試験の合否を
分ける可能性が高い内容ですので
確実に理解するようにして下さい。

学習したことを正確に覚えるため
のポイントは以下の2つになります。

1.学習を高速回転させる。

人間の脳は基本的に何度も触れた
情報だけを重要なものと判断し、
覚えるようにできています。

このことから考えると、学習内容
を正確に覚えるためには「何度も
復習する」ということが
絶対的に必要になります。

では、どうすれば勉強時間を
増やさずに何度も復習することが
可能になるのでしょうか。

そのための方法はただ一つ。

学習内容を1周させるのに必要な
時間を短縮するしかありません。

1周させるのに必要な学習時間を
短縮することができれば、復習
する回数を増やすことが可能に
なりますよね。

ではより具体的に、どうすれば
1周させるのに必要な学習時間を
短縮することができるのでしょう
か。

その方法として私が最も強く
おすすめするのが
「耳からインプットする方法」
です。

「耳からインプットする方法」
では、単に目で読むだけの学習
方法と比べて2倍の感覚器官を使う
ことになります。

そのため学習内容の理解がしやすく
インプット効果も高くなるので

読み返すこと等によるタイムロス
を確実に減少させることができ
ます。

その結果、学習の回転速度を劇的に
改善することができるのです。

私の過去の指導経験から言っても
間違いなく、最も効果が高い方法
ですので

短期合格を目指される方は
絶対に、取り入れるようにして
下さい。

2.覚えるべき事項を絞る。

覚えるべきことが増えると人間の
記憶の質はどうしても低下して
しまいます。

だから記憶の質を高めるためには
覚える前に試験対策上、重要なこと
と重要でないことを判別し

「重要なことだけを覚えるように
する」必要があるのです。

重要なことを判別する方法は非常に
簡単です。

概ね500ページ以下の薄めの
テキストを利用するようにすれば
いいのです。

薄いテキストは重要度の高いこと
しか掲載されていないから薄い
わけです。

だとすれば薄いテキストを利用
すれば必然的に重要度の高いこと
だけに絞って学習することになり
ますよね。

逆に分厚いテキストを利用すると
・・・・・・

もう、おわかりですね。

分厚いテキストを利用するという
ことは自ら合格を遠ざける行為と
言っても過言ではありません。

もしもあなたが分厚いテキストを
利用しているのなら、今からでも
薄いテキストに買い換えることを
強くお勧めします。
以上が学習したことを正確に覚える
ための2つのポイントになります。

宅建試験では200時間程度の勉強
時間でも余裕を持って合格できる人
がいる一方で、

1000時間以上勉強しているのに合格
できないという人が少なからず
います。

そして、その両者を分けているのは
実は頭の良し悪しなんかでは
ないんですよ。

今回、お話ししたような「重要な
事実」を知り、それを実際に取り
入れることができているか、どうか
の違いだけだったりするのです。

もちろん、あなたは
「200時間程度の勉強時間でも余裕
を持って合格できる人」
の方になりたいですよね。

だったら、今、あなたが何をする
べきかは、もう、おわかりですよね。

明日ではダメですよ。

「先延ばし」をする癖のある人は
合格も「先延ばし」になって
しまいがちなのです。

今年の試験に合格したいなら
今すぐ行動を起こすようにして
下さい。

 

 

「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」

 

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ