headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

結果の出やすいスケジュール管理の方法

こんにちは、松村です。

先日、ある宅建受験生の方から
こんなご質問を頂きました。

「大体300時間から400時間くらい
勉強したら合格できますか?」

実はこういう質問をする人は
合格しにくいです。

こういう質問をする人は学習が
ちゃんと進むこと以上に、
勉強時間を守ることに
意識がいってしまうからです。

もちろん、スケジュール管理の
方法として、勉強時間を目安に
すること自体は否定しません。

ただ、それだとどうしても
勉強時間はしっかりこなしたのに
内容が伴っていないという
ことになりがちです。

だから、私としてはむしろ、やる
べきことベースでスケジュールを
管理することをお勧めします。

たとえば、今年の試験に合格
するためにはテキストを3回、
過去問を5回まわす必要があると
考えたとします。

そしたら、それだけの量の勉強を
するには、一日何ページづつ
テキストや過去問を勉強
しなければならないのか計算でき
ますよね。

それをベースにスケジュール管理
をするわけです。

こうやって立てたスケジュールを
守ることができれば、合格する
のも当たり前だと思いません?

合格するために必要な学習の量
をしっかりこなしているわけです
から。

実際、私がこれまで見てきた限り
勉強時間だけでスケジュール管理
をしている人って

勉強時間の割に学習の量が少ない
ってことが多いです。

勉強時間は400時間だけど
その間にこなした勉強の量は
テキストと過去問をそれぞれ
2回づつ回しただけだとか。

それじゃあ合格できないわけ
ですよ。

よっぽど、頭のいい人でもない
かぎり、2回まわしたぐらいで
過去問の内容をマスターできる
はずがありませんから。

普通の人なら少なくとも
テキストは2回、過去問は5回は
回したいところです。

これだけのことができるので
あれば、100時間の勉強時間
でも合格できる可能性が
あるし、

逆にこれだけのことができない
のなら、500時間勉強したって
合格できる望みはうすいって
ことですね。

要するに宅建試験に合格できるか
どうかは、どれだけの時間、勉強
したかではなく

「合格するのに必要な量の勉強を
やったかどうか」にかかっている
ということです。

まあ、すごく当たり前のことですね。

ところが意識してないと、ついつい
忘れてしまいがちになる。

だから不合格になった時に本人的
には「あれだけ勉強したのに。」と
落胆することになるわけです

やることやってないんだから不合格
になるのは当たり前のことなんです
けどね。

合格したいなら、合格するのに
必要なだけのことは、しっかり
やる。

そして、そのためには、やるべき
ことベースでスケジュールを管理
するのが有効であるということ
です。

早速にでも取り入れてみて下さい。

 

「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」

 

 

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ