headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

合格するための最大の武器

おはようございます、松村です。

本日は、5年ぐらい前に私の講座を受講して
いたある2人の宅建受験生の話をしてみたい
と思います。

ここでは仮に二人のことをA君とB君と呼ぶ
ことにしますね。

A君とB君は共に同じ関西の中堅私立大学の
学生。

大学で同じサークルに所属している縁で
仲良くなり、一緒に講座に申し込んだ
とのことでした。

2人共、真面目に講義を受講していましたが
その年の宅建試験に合格したのはA君だけ。

B君は残念ながら、合格できませんでした。

その翌年、
A君は、私の個別指導を利用して
行政書士試験に合格。

B君は大手資格スクールの講座に移り
リベンジを目指しましたが、またしても
不合格となりました。

それから、さらに2年後、社会人になった
A君は忙しい仕事の合間を塗って勉強を
続け、社会保険労務士試験にも合格。

かたや、B君は、3度、宅建試験に挑戦した
にもかかわらず、合格することができず
結局、勉強をやめてしまいました。

同じ時期に同じ志しを持って勉強を
スタートした同じような学力の2人。

ところが、それから4年が経過した時
2人を待ち受けていた結果は全く
異なるものだったわけです。

一人は、宅建試験に楽々、一発合格を
果たし、さらにその何倍も難易度の高い
行政書士や社会保険労務士という資格
まで取得。

ところがもう一人は、3度も宅建試験に
不合格になり、ついには挫折。

ここまでの差がついてしまうことは本人
たちも全く想像していなかったこと
でしょう。

ところで、あなたは、なぜ、この2人の
間にここまでの差がついてしまったのか
その理由がわかりますか?

実は私は彼らから何度となく質問を
受けている中で、少なくとも宅建試験
にはA君が先に合格するだろうなとは
思っていました。

なぜなら、A君は宅建試験を突破する上で
最も強力な武器を持っていたからです。

その武器とは「理解力」ではありません。

また、「暗記力」でもありません。

もちろん「理解力」や「暗記力」も
大きな武器であることは間違いありません。

しかし、宅建試験合格を目指す上では
「理解力」や「暗記力」をはるかにしのぐ
もっと、もっと強力な武器になるものが
あるのです。

その強力な武器になるものとは、ズバリ
「素直さ」ですね。

A君は学習における全ての場面で
こちらが思わず感心するほど、なにしろ
素直な男でした。

「わからないことがあれば、すぐに私の
ところにアドバイスを求めにやってきて

私からのアドバイスを何の反論もなく
そのまま受け入れ

しかも、すぐさま、行動にうつす。」

常にそんな具合だったのです。

すると、何が起きると思いますか?

そう、プロの宅建講師の考える
「最も効果の高い学習方法」を
そのまま実践することになったの
です。

だとしたら、宅建試験にあっさりと
合格するのも当たり前の話ですよね。

誰だって、他人からのアドバイスを
そのまま素直に受け入れるのは抵抗感
のあることだと思います。

他人からのアドバイスをそのまま
素直に受け入れてしまうと、

自分がまるで自力では何も考えられ
ないバカな人間のように感じられて
しまうからです。

しかし、それは大きな誤解で実際は
全くの逆。

賢い人ほど他人の知恵を利用する方が
圧倒的に有利になることを知っている
ので、アドバイスに素直に耳を
傾けようとするものなのです。

このことは今回、取り上げたA君と
B君の話からも、充分、ご理解頂け
ますよね。

まずは、当座の目標、宅建試験に
あっさりと合格するために

さらには、今後より多くの目標を
達成していくために

それこそ今、この瞬間から、あなたも
常に「素直であること」を心掛ける
ようにして下さい。

それでは、本日も最後までお付き合い頂き
誠にありがとうございました。

追伸

今回、このことを、お話ししようと
思ったのは、実はB君から、久々に
連絡があったからです。

一度はあきらめた宅建試験に再度
挑戦したいので個人的に指導して
欲しいとのことでした。

私の
「アドバイス通りに学習できますか?」
という質問に対し

「今度こそ、先生のアドバイスに100%
したがって、頑張ります。」
とB君。

おそらくA君の成功を見て、自分に
足りなかったものが、何であるのかが
しっかりとわかっているのでしょう。

「素直さ」という強力な武器を利用して
必ずや来年度、宅建試験に合格して
くれるものと思います。

 

たった32ページ!これだけ宅建試験短期合格マニュアル

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ