headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

勇気を持って下さい!

おはようございます、松村です。

本日はこれ以降の「学習の進め方の指針」
についてお話ししておきたいと思います。

すごくシンプルです。

ズバリ
「学習すべき事項を増やすのはNG、
学習すべき事項を減らすのはOK。」
ということです。

たとえば

・これまで過去10年分の過去問を学習
してきたけれど、さらに2年分さかのぼる。

・新たに予想問題集や予想模試等を
購入して勉強する。

というのはNGです。

これに対して、たとえば

・学習時間が足りなくなりそうなので
申し込んでいた直前模試を受けない。

・学習しても得点できそうにないので
建築基準法と民法の抵当権を捨てる。

というのはOKです。

理由は、宅建試験で得点を積み重ねるには
たくさんの、あやふやな知識があるより
少ないけれど、確実な知識がある方が
よほど役に立つからです。

宅建試験はしょせん35点で合格できる試験です。

35点を確実に取るために
・決して学習すべき事項を増やさない勇気
・思い切って学習すべき事項を減らす勇気
を持って下さい。

本日の内容はおわかり頂けましたか?

わかったという方はこちらをクリック!

http://takken-get.net/3up/

ご意見・ご質問・ご相談はこちらまで→

http://takken-get.net/sitsumon/

 

無料プレゼント「本試験の得点をあと3点上積みするためにあなたがやるべきこと、心掛けるべきこと」

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ