headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

「覚えられない」を解消する方法

「覚えられない」を解消する方法おはようございます、松村です。

本日は宅建最短合格音声講座の受講生の方から
頂いたご質問と松村からの回答をご紹介したいと
思います。

 

ご質問の内容

「学習した内容をなかなか、覚えることができず
あせっています。

昨年度の年度別過去問をやってみても半分程度
しか正解できませんでした。

どうすれば覚えることができるようになるの
でしょうか?」

(非常に長いご質問だったの当方で編集して
います。)

 

松村からの回答

「学習内容を覚えようとするのではなく
『忘れる前に思い出す』ことを心掛けて
みて下さい。

記憶のメカニズムを考えると一度で覚えようと
するのは、あまり効率的なやり方とは
言えません。

それより、一度うっすらとでも覚えたことを
完全に忘れてしまう前に思い出してやる方が
よほど効率的に学習内容覚えることができる
のです。

『忘れる前に思い出す』ためには絶対的に
『学習の回転速度』が必要です。

たとえば、過去問を学習するに際しても
1ヵ月で1周しかさせらない場合と
1週間で1周させられる場合を比べれば
当然、後者の方が『忘れる前に思い出す』
ということを、やりやすいはずですよね。

ですので「学習の回転速度」は常に意識
するようにして下さい。

1周目よりは2周目、2周目よりは3周目と
学習期間をドンドン短縮していきましょう。

「学習の回転速度」が上がれば上がるほど
忘れにくくなって、自分が楽になります。

そして何より、合格がより確実なものに
なっていくはずですので。」

 

私がこれまで多くの受験生を指導してきた
経験から言うと「覚えられない。」という
悩みを口にする人は、ほぼ例外なく
「学習の回転速度」が遅いです。

多分、テキストや過去問を
「きっちり読もう。」という気持ちが
強すぎるのでしょうね。

「自分もそういうタイプかも。」と思う
方は多少、理解の精度が下がっても構い
ませんので、なにしろ「学習の回転速度」
を上げることを心掛けてみて下さい。

それだけのことで、これまでよりずっと
楽に覚えられるようになるはずですし
結果的に理解もしやすくなるはずです。

早速、今日から実践してみて下さいね。

 

本日の内容はおわかり頂けましたか?

わかったという方はこちらをクリック!

http://takken-get.net/3up/

 

ご意見・ご質問・ご相談はこちらまで→

http://takken-get.net/sitsumon/

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ