headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

今後の学習の効率を高めるために

今後の学習の効率を高めるためにおはようございます、松村です。

本日は、これから先の学習を効率よく
進めるためにあなたに是非ともやって
頂きたいことをお伝えしたいと思います。

それは
「学習計画を立て直す。」
ということです。

あなたも、既に一度は何らかの学習計画を
立てていらっしゃることと思います。

しかし、「学習計画」と「現実」の間では
少なからずズレが生じているはずです。

そもそも「学習計画」どおり、全く進んで
いなかったり、「学習計画」どおり
進んではいるものの、思ったほど実力が
ついていなかったりしますよね。

だから、今この時点で、残り2ヶ月ほどの
期間の間にどのような学習を行うのが
最も効率的なのかを考えた上で学習計画を
立て直して欲しいのです。

 

学習計画はシンプルなもので構いません。

まずは、やるべきことを決めます。

たとえば、やるべきことを
・過去問を2回読む。
・過去問を3回解く。
・覚えた選択肢を消していく。
の3つという風に決めます。

次に、そのやるべきことを達成する
具体的な期日を定めます。

たとえば
・「過去問を読む。」学習の1回目は
9月5日まで
・「過去問を読む。」学習の2回目は
9月15日まで
・「過去問を解く。」学習の1回目は
9月23日まで
・「過去問を解く。」学習の2回目は
9月30日まで
・「過去問を解く。」学習の3回目は
10月6日まで
・覚えた選択肢を消していく学習は
10月18日まで
という風に定めていきます。

たった、これだけのことでOKです。

 

「やるべきこと」が明確になっている
人と、そうでない人では学習の効率が
全く変わってきます。

これは、私の過去の指導経験から
言っても、疑いようのない事実です。

「学習計画のある人」=
「合格する人」、
「学習計画のない人」=
「合格できない人」
なのです。

ですので、面倒くさがらずに必ず
学習計画を立て直すようにして
下さいね。

 

本日の内容はおわかり頂けましたか?

わかったという方はこちらをクリック!

http://takken-get.net/3up/

 

ご意見・ご質問・ご相談はこちらまで→

http://takken-get.net/sitsumon/

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ