headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅地建物取引士への名称変更がもたらす影響

宅地建物取引士こんにちは、松村です。

今日は至急、お伝えしたいことがありメールしています!

去る6月18日、参議院本会議において宅建業法の改正が承認されました。

これによって宅地建物取引主任者の名称が「宅地建物取引士」と変更されることになりました。

つまり「士業」として格上げされることになったわけです。

そしてここからが重要な話なのですが、このことによって今後、宅建試験が急激に難化する可能性があります。(あくまで可能性の話です。)

過去の国家資格制度の移り変わりを見る限り、この種の改正があった場合に、意味不明なほど急激に試験のレベルが上がるということがよくあるからです。

特に「宅地建物取引士」へ名称変更されたことの認知が広まる来年以降は非常に「手が届きにくい試験」になってしまうかもしれません。

そこで松村からのお願いです。

今年中に合格できるよう全力を尽くして下さい。

「来年でもいいか。」とか言っている場合ではありません。

力の出し惜しみをしている場合ではありません。

時間の使い惜しみをしている場合ではありません。

お金の出し惜しみをしている場合ではありません。

「今年、合格できないと永久に合格できないかもしれない!」

それぐらいの気持ちで試験に臨むべきです!!!

今年だけはあなたの持てる全ての力を宅建試験にぶち込んで下さい。

「2014年に勝負を決めておけば・・・・」と決して後悔することがないようにして下さい!

私、松村の心からのお願いです。

それでは本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ