headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

2014年宅建法改正情報「特定の居住用財産の買換え特例」

法改正特定の居住用財産の買換え特例とは一定の要件を満たす居住用財産を譲渡し、新たに一定の要件を満たす居住用財産を取得した場合に課税を繰り延べる特例のことを言います。

※課税を繰り延べるとは、譲渡した時点では課税せず、将来において買換え資産を譲渡する場合に、最初の居住用財産の取得価格と将来の売却金額の差額部分について課税することを言います。
完全に非課税になるわけではないので、実際に利用する場合には3000万円特別控除等を利用するのと、どちらが良いのかを見極める必要があります。

 

この特定の居住用財産の買換え特例について以下のような改正がなされました。

1.適用期間を2年間延長

特定の居住用財産の買換え特例は平成25年12月31日で終了する予定でしたが、適用期間が平成27年12月31日まで2年間延長されました。

2.譲渡資産の譲渡対価を1億円以下に引き下げ

譲渡資産の適用要件について譲渡対価が「1億円以下」に引き下げられました。

なお従前は譲渡対価が1.5億円以下とされていました。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ