headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建試験に関する情報

女性ここでは、宅建の試験に関する情報を整理しておきたいと思います。

※日程等については、あくまで現段階での予定です。

詳細については試験実施公告日以降に必ず一般財団法人不動産適正取引推進機構のホームページにて確認してください。

 

 

試験日

例年、 10月の第3日曜日。

平成26年度、宅建試験については10月19日13時から15時まで。
(ただし、 5問免除者は13時10分から15時まで。)

 

出願期間

郵送による出願の場合、 7月1日から7月31日まで。
(上記期間内の消印のもののみ有効。郵送の方式は簡易書留郵便によること。)

インターネットによる出願の場合、 7月1日9時半から7月15日21時59分まで。

インターネット出願については、出願期間が非常に短くなっているので注意して下さい。

※出願方法については、基本的にインターネット出願による方が手間がかかりませんが写真データを添付する必要がありますので、パソコン操作に不慣れな方はパソコンに詳しい方のサポートを受けながら、手続きをされることをおすすめします。

※事前申し込み書については、各都道府県ごとの試験協力機関の窓口のほか大型書店等でも入手することができます。

 

合格発表

やったね!例年、試験日から45日後の水曜日。(11月の最終水曜日か12月の最初の水曜日)

平成26年度宅建試験については12月3日。

合格発表の方法については、合格者に対して合格通知が郵送されるほか(不合格者に対しては通知なし。)一般財団法人不動産適正取引推進機構のホームページ上でも合格者の受験番号の掲載がなされます。

 

解答速報

本試験当日の18時あたりから、大手資格スクール等がホームページ等で解答速報を公開します。

試験問題は持ち帰ることができますので、自分の解答をわかるようにしておけば当日中に大体の自分の得点を知ることができます。

 

出題および解答の方式

出題方式については、 四肢択一式の問題が50問出題されます。
(5問免除者については45問。)

解答方式についてはマークシート式(正解番号の該当箇所を鉛筆等で塗りつぶす方式)が採用されています。

 

合格ライン

毎年、 7割前後で推移。

2013年度宅建試験の合格ラインは33点でした。

 

受験料

7,000円

別途、事務手数料250円が必要となります。

受験料の支払い方法についてはクレジットカード決済とコンビニ決済のいずれかから選択することになります。

 

試験会場

各都道府県ごとに設定。

都道府県によっては、複数の試験会場が設けられていることがあります。

その場合、試験会場については先着順で決定されることになりますので希望の会場がある場合には早めに出願する必要があります。

※稀に出願者数の増加などにより、出願期間が始まってから試験会場が増設されることがあります。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ