headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建は稼げる資格か

お金これから宅建の勉強を始めようとしている方にとっては、宅建資格を取得することの経済的価値、もっと平たく言うと「宅建は稼げる資格か、どうか」ということは大変気になるところでしょう。

そこで今回は「宅建は稼げる資格か、どうか」ということについて、私なりの見解を示したいと思います。

 

宅建業者に勤務する場合

宅建業者に勤務することを前提とする場合、収入的にプラスになることは、ほぼ間違いないでしょう。

多くの宅建業者が、取引主任者に対して「取引主任者手当」を出しているからです。

その金額は宅建業者によって様々ですが、中小の宅建業者では「2万円程度」が平均値になるものと思われます。

(全国展開しているようないわゆる大手の宅建業者では、「取引主任者手当」はもう少し安い傾向にあります。大手の宅建業者の場合、宅建は持っているのが当たり前と考えられていることが多いからだと思います。)

ですので、宅建を持っていると、まずは表面的にも2万円×12か月=24万円程度は余分に稼げることになるものと考えられます。

また、宅建業者の場合、取引主任者の設置義務があるため
「宅建があるから採用してもらえる。」とか
「宅建があるから、営業成績が悪くても解雇されない。」といったことも起こってきます。

こういった事情を総合的に評価すると宅建業者に勤務することを前提とする場合、「宅建資格はそこそこ稼げる資格」と言って良いのではないでしょうか。

 

宅建業者以外に勤務する場合

宅建業者以外に勤務することを前提とする場合、目に見える形で収入的にプラスになることはまずありません。(勤務している期間中に宅建を取得した場合に、一時金としての合格祝金が出されるということは、よくあるようです。また、ごく一部の企業では、継続的な手当を出しているようですが、金額的としては微々たるもののようです。)

また、就職や転職、昇給や昇格を検討するための評価に際しては、プラスの材料になることは間違いありませんが「決め手」にまでなることはまずありません。

こういった事情を総合的に勘案すると宅建業者以外に勤務することを前提とする場合、「宅建資格はほとんど稼げない資格」ということになると思います。

 

宅建業者として独立開業する場合

宅建業者として独立開業することを前提とする場合には大きく稼げるチャンスが出てきます。

宅建業は小資本でスタートできるビジネスとしては顧客単価が最も高い部類に入り、集客活動がうまくいけば、サラリーマンの何倍もの収入を得ることも充分、可能です。

また、お客さんとお客さんの間をつなぐ、いわゆる「仲介業」については在庫を持つことがないため、金銭的なリスクも低く、ローリスク・ハイリターンのビジネスと言えるでしょう。

ですので、宅建業者として独立開業することを前提とする場合「宅建資格は稼げる資格」と断言して問題ないものと考えます。

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ