headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

らくらく宅建塾ってどうですか?

宅建テキスト宅建のテキストといって、まず最初に重い浮かぶのが佐藤孝先生の「らくらく宅建塾」でしょう。

ものすごい大ロングセラーですよね。

それこそ、20年ぐらい前から毎年、売れ続けているのではないでしょうか。

らくらく宅建塾については、非常に高く評価する方が多い一方で、否定的な評価も決して少なくありません。

そのためか、私もこれまで何度となく、らくらく宅建塾について意見を求められてきました。

そこで、今回はらくらく宅建塾について私なりの見解というか、評価を述べさせて頂きたいと思います。

らくらく宅建塾のおすすめポイント

まず、基本的に私はらくらく宅建塾については良いテキストだと考えています。

理由は以下の2点です。

1.掲載されている情報が重要なものだけに絞り込まれている。

テキストを作る側の心理としては、出題される可能性のある事項はできるけ多くテキストに掲載したくなるものです。

自分の作ったテキストには掲載されていないけれど、他のテキストには掲載されている事項が本試験で出題されると利用者等から、何らかの非難を浴びる可能性があるからです。

しかし、らくらく宅建塾では出題される可能性があまり高くないと判断した事項については、大胆に割愛しています。

その結果、らくらく宅建塾は重要度の高い情報だけが掲載された、非常に学習効率の良いテキストに仕上がっているのです。

単に「宅建試験は満点を取る必要がない試験である」ということだけでなく、「満点を狙うような勉強をすると合格が危うくなる」ということを理解されている佐藤先生らしい、見事な情報の絞り方であると言えるでしょう。

2.わかりやすさを徹底的に追及している。

法律をはじめて学ぶ方でも、すんなりと内容がわかるように、条文が原形をとどめないほどに、口語体でわかりやすく解説がなされています。

難しい内容も、かみ砕いてかみ砕いて表現されているので、中学生であっても、大体の内容は理解できるのではないでしょうか。

ただし、これまで多少なりとも法律を学ばれたことがある方にとっては、かみ砕かれ過ぎているが故に、かえって条文表現とかけ離れていて、意味がつかみにくいということがあるかもしれません。

実際、私自身がはじめて拝見した時がそうでした。

こういう方におすすめします。

以上のようなことを踏まえて、らくらく宅建塾は、このような受験生の方におすすめです。

・宅建試験に短期間で合格を目指す方

宅建試験に短期間で合格を目指す場合、どうしても学習効率を高めることを考えなければなりません。

その点、らくらく宅建塾は、重要度の高い事項に絞って掲載されていますので、利用すれば自然に効率の良い学習ができるはずです。

・あまり勉強が好きでない方、得意でない方

あまり勉強が好きでない方、得意でない方にとって、条文表現をほぼ、そのままに取り入れた硬い文体のテキストで学習することは極めて困難なことでしょう。

そういう方こそ、まずはらくらく宅建塾で、しっかりと内容を理解する学習を行うべきです。

こういう方にはおすすめしません。

・テキストに細かい情報が掲載されていないことに不安に感じる方

再三、申し上げているとおり、らくらく宅建塾は重要度の高い事項に絞って掲載されているテキストなので、情報が少ないことに不安を感じるタイプの方にとっては、少々、頼りなく感じられるかもしれません。

もちろん、実際にはらくらく宅建塾に掲載されている事項を習熟するだけで、宅建試験に合格できるレベルには十分、到達できるはずなのですが。

・宅建試験合格後、さらに難しい法律系国家資格を受験するつもりの方

宅建試験合格後、さらに難しい法律系国家資格を受験するつもりの方については、今後のことも考えて、もう少し条文表現に忠実なテキストを利用する方が良いのではないでしょうか。

その方が知識の積み上げもしやすいと思います。

まとめ

1.らくらく宅建塾は
・掲載されている情報が重要なものだけに絞り込まれている。
・わかりやすさを徹底的に追及している。
良いテキストである。

2.特にこんな方におすすめ
・宅建試験に短期間での合格を目指す方
・あまり勉強が好きでない方、得意でない方

3.逆にこんな方にはおすすめしません。
・テキストに細かい情報が掲載されていないことに不安に感じる方
・宅建試験合格後、さらに難しい法律系国家資格を受験するつもりの方

 

たった32ページ!これだけ宅建試験短期合格マニュアル

 

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ