「2014年5月」の記事一覧

遺言

遺言とは被相続人の行う死後の法律関係についての最終的な意思表示のことを言います。 遺言では、財産の処分に関する・・・

相続放棄

相続放棄とは相続人のする被相続人の一切の権利義務を承継しない旨の意思表示のことを言います。 たとえば、被相続人・・・

限定承認

限定承認とは相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務等を弁済すべきことを留保して、相続の承認をする・・・

単純承認

単純承認とは相続人が被相続人の権利義務を無制限に承継する旨の意思表示のことを言います。 つまり、被相続人の有し・・・

廃除

廃除とは遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者)に、被相続人に対する虐待、もしくは重・・・

相続欠格

相続欠格とは相続人に相続人として相応しくないような一定の事由が認められる場合に、法律上当然に相続権を失わせるこ・・・

相続

相続とは、人(自然人)が死亡した場合に、一定の範囲にある親族が、その一切の権利・義務を包括的に承継することを言・・・

非嫡出子

非嫡出子とは婚姻関係にない男女の間に生まれた子のことを言います。 父と婚姻関係にない男女の間に生まれた子の間に・・・

嫡出子

嫡出子とは婚姻関係にある男女の間に生まれた子のことを言います。 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定されるの・・・

不法行為

不法行為とは故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害することを言います。 たとえば、自動車・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ